【ファンケル コスミー】20〜30代の肌のためのビューティ情報 【ファンケル コスミー】20〜30代の肌のためのビューティ情報

パーティー&女子会etc…

年末年始に映える
“うるツヤ”メイクの作り方

FANCLのメイクアップスペシャリストが教える!
年末年始に映える“うるツヤ”メイクの作り方 FANCLのメイクアップスペシャリストが教える!

クリスマスパーティーや忘年会、帰省時の同窓会など、いつもより華やかなシーンが多い年末年始。そんなときはメイクもちょっとだけ“盛りたい”ものですよね。そこで今のトレンドでもあるツヤ感がありつつ、光を集めてパッと華やか顔になれる“うるツヤ”メイクをファンケルのメイクアップスペシャリストがご提案。小顔に見せるテクニックにもご注目ください!

“うるツヤ”メイクを叶えるアイテムはこちら!

テーマはパーティー会場やレストランなど夜の照明で映えるメイク。使うのはこちらのアイテムです。

“うるツヤ”に見せるのは光を
集める位置がポイント。Let's Try!!

1Base

下地で光を仕込む

POINT 輪郭のラインより内側に塗る

メイク下地「スキンケアベース モイスチャー」を、頬の高い位置から外側に向かってのばします。「顔全体にベタッとつけず、フェイスラインは薄く仕上げましょう。メリハリが生まれて小顔に見えます」

2High Light & Cheeck

目の下の三角ゾーンに光をプラス

POINT 目のクマより下の三角ゾーンに塗る

下地のツヤを消さない程度にファンデーションを薄く塗ったら「デュアルハイライトパレット」のクリームタイプ(右側)を筆に取り、一度手の甲にくるくるとなじませてから、頬の高くなっている三角の部分にポンポンと置いていきます。「目の下のクマ部分に乗せてしまうと、かえって目立ってしまうので避けてください。残ったハイライトはあご先、目頭にチョンチョンとのせるとメリハリがアップします」

チークはふんわり丸く

POINT ふんわり、丸く入れる

スタイリングチークパレット」を付属のブラシで混ぜたら、ハイライトクリームを塗った部分の上から、ふんわり丸く入れます。

ハイライト&チークのHOWTOを動画で詳しく見る

3Eye

アイシャドウで「彫深」な目元を演出

スタイリングアイパレット」の右下のカラーを、チップでとり、手の甲に1度なじませてから、まぶたに塗っていきます。

POINT 鼻筋の横から塗る
使ったのはコチラ!スタイリングアイパレット(ブロンズブラウン)

ブラシでなじませる

POINT ブラシでよくぼかします

「カラーを塗った上から何もつけていないブラシで馴染ませると、自然かつピタッとフィットして色持ちがよくなります」

目尻にカラーを足して、
やわらかく目力アップ!

使ったのはコチラ!スタイリングアイパレット(ブロンズブラウン)

スタイリングアイパレット」の左下のカラーをチップに取り、点線の位置を目安に塗り、黒目側にぼかします。「上まつげの影が落ちているようなニュアンスが生まれ、やわらかく印象的な目元になります」

アイメイクのHOWTOを動画で詳しく見る

4Lip

ルージュとグロスのW使いで、
ジュワッとしたくちびるを

POINT 中央から外側にジュワッと塗る

カラーフィットルージュ(シナモンレッド)」を、中央から外側に伸ばしていきます。中央が濃く輪郭は薄いのが今っぽい上、照明の下でふっくら“プルうる”な唇が際立つコツ。
さらにツヤアップのため「トリートメントジェリーグロス(クリアレッド)」を重ねれば、メイクの完成です!

リップのHOWTOを動画で詳しく見る

華やかなのに“やりすぎ感”なし!
“うるツヤ”メイクの完成!

完成!

自然な仕上がりながら下地やハイライトを重ねて仕込んだツヤが、照明の光でさり気なくきらめくメイクが完成!顔の中心側に光を集めているので小顔効果もばっちりです。

いかがでしたか? 肌にやさしく簡単に“うるツヤ”メイクが叶う、ファンケルのメイクアップアイテムで、皆様も年末年始のメイクを楽しんでみて下さいね。