ヘルスケア特集 ヘルスケア

 1. 頭皮のコリを放置するのはNG! 

頭皮のコリに気付いても、「寝てしまえばよくなるかも...」などと放置していませんか?頭皮のコリを放置した場合、以下のようなことが起こる可能性があります。

ぼやけたフェイスラインになる

頭皮と皮膚は、一枚の皮でつながっています。そのため頭皮のコリは顔にもダイレクトに反映されて、顔のたるみからぼやけた印象のすっきりしないフェイスラインになってしまいます。

寝ても疲れがとれにくくなる

頭皮にコリがあると緊張状態が続いていることになるので、十分に眠ったつもりでも疲れが取れないという状態に陥りがちです。

頭痛が起きる原因になることも

頭皮にコリがある状態は、頭皮だけでなく首や肩の血行も悪くなっていることが考えられ、それによって頭痛が起きることがあります。

髪のハリやコシが失われ、薄毛・抜け毛の原因にも

頭皮のコリを放置し、頭皮の血流が悪い状態が続くと、髪に栄養が行き渡らなくなります。その結果、髪のハリやコシが失われたり、薄毛や抜け毛の原因となったりします。


 2. 頭皮のコリをセルフチェックしてみよう 

まずは、頭皮のコリをセルフチェックしてみましょう。

頭皮をつまめない

頭頂部を指でつまんでみましょう。硬くてうまくつまめない人は頭皮にコリがある可能性が高いです。

頭皮が硬く感じる

頭頂部や耳の上あたりにある側頭部を指で押したり、動かしたりしてみましょう。硬さを感じる、あるいは、動かない場合には頭皮にコリがある状態にあると考えられます。


 3. 頭皮マッサージをおすすめしたい理由は3つ 

前の章で頭皮にコリがある状態にあると感じた方は、放置せずに頭皮マッサージを行うことをおすすめします。頭皮マッサージをおすすめしたい理由は、下記の3つです。

顔のたるみやフェイスラインのもたつきを軽減する

頭皮にコリがある状態のまま放置すると、顔のたるみやフェイスラインのもたつきにつながります。頭皮マッサージを行うことで、顔のたるみやもたつきを軽減する効果が期待できます。

疲れ目をリラックスできる

コロナ禍でリモートワーク中心の生活が続いたり、スマホやPC、テレビなどの使用時間が長くなったりして目の疲れを感じる方が増えています。頭皮マッサージを行うことで目と関わりの強い後頭部などを中心に頭皮のコリが解消されると、疲れ目へのリラックス効果が期待できます。

頭皮の血流アップが期待できる

頭皮マッサージを行うことで、血流促進が期待できるといわれています。日頃から頭皮マッサージを行い、頭皮のコリをほぐして血流をアップさせましょう。


 4. 頭皮マッサージをおこなう時の注意点 

頭皮マッサージをおこなう時は、これから説明する注意点を読んでから実践してください。

手で頭皮マッサージを行う時には、頭皮に爪を当てたり、頭皮を擦ったりして頭皮を傷つけないように注意しましょう。指の腹などで圧をかけるようにして行います。

圧の具合は、イタ気持ちいいと感じるくらいに留め、強くやりすぎないことが大切です。

また、長時間行うと頭皮に負担をかける可能性があります。数分程度を心がけましょう。

手で頭皮マッサージをする前に頭皮用の美容液などを使用すると、頭皮の保湿ができ、摩擦を軽減することにつながります。また、栄養分を頭皮に行き渡らせ、頭皮環境を良くする効果が期待できるなど、より高い頭皮へのアプローチにつながるのでおすすめです。

ブラシを使って頭皮マッサージを行う時は、必ず頭皮が乾いた状態で行うことが大切です。また、強い力を加えて頭皮を擦らないように注意しましょう。頭皮を痛めることがないようクッション性の高いパドルブラシなどを使用することをおすすめします。


 5. 頭皮マッサージの効果的なやり方 

頭皮マッサージの必要性についてここまで解説してきましたが、頭皮マッサージは具体的にどのように行えばよいのでしょうか。ここでは、効果的なマッサージのやり方についてご紹介します。下のイラストの頭の筋肉を意識しながら行いましょう。

手を使った頭皮マッサージ

手を使った頭皮マッサージのやり方から解説します。

STEP1
耳の上あたりにある側頭筋をほぐしていきます。両手の親指は後頭部に当て、それ以外の指を側頭筋やその付近に軽く指を開いて当てます。


STEP2
親指以外の指の腹に圧をかけ、斜め上に指を引き上げるようにしながら揉みほぐします。この時指に力が入らないと感じたら、両手を握ってグーを作り、それで側頭筋部分を揉みほぐしていきます。指はゆっくりと少しずつ移動させ、側頭筋全体を揉みほぐすことが大切です。


STEP3
頭頂部もSTEP1・2と同様に髪の生え際に指を当て、後頭部に向かってジグザグを描くように指を動かし揉みほぐしていきます。


STEP4
後頭下筋群に両手の親指を当て、指の腹に圧をかけて揉みほぐします。


STEP5
STEP4から親指を上にジグザグを描くように動かして後頭筋を揉みほぐします。


ブラシを使った頭皮マッサージ

次に、ブラシを使った頭皮マッサージのやり方を解説します。ブラシの柄は、短めに持つと力の加減がしやすくなります。

STEP1
髪が絡まっているとスムーズに頭皮マッサージができないだけでなく、髪を傷める可能性があります。あらかじめ毛先をブラッシングし、髪の絡まりをとっておきましょう。


STEP2
ブラッシングは、必ず生え際から頭頂部に向かっておこないましょう。額の辺りから始めてぐるりと後頭部を周り、3周ほどすることをおすすめします。


STEP3
ブラシの面部分で頭皮全体をポンポンと軽く叩いて刺激します。




 6. 頭皮マッサージとあわせて内側からもケアしよう 

頭皮マッサージは、外側からのケア。内側からのケアも同時に行うことで相乗効果が期待できます。内側からのケアは、下記の通りです。

頭皮の血流に良い食材をプラス

頭皮の健康のためには、頭皮の血流をアップさせることが大切です。身体を温めたり運動したりして全身の血流をアップさせる必要もありますが、頭皮の血流によい食材を日々の食事に取り入れることもおすすめです。

例えば、ビタミンEには抗酸化作用があり、血流にも関連する働きがあるといわれています。ビタミンEを多く含む食材には、アーモンドや落花生、アボカドなどがあります。いずれも手に入れやすい食材なので、日々の食事に積極的に取り入れましょう。

髪のボリュームアップのサポート成分をプラス

私たちの髪の毛の主成分は、「ケラチン」というタンパク質の一種。そのため「ケラチン」の元になるタンパク質を豊富に摂取する必要があります。タンパク質を構成するのは20種類のアミノ酸です。特にアミノ酸を多く含む牛肉や豚肉、鶏肉、豚や鶏のレバーなどを心がけて摂取しましょう。


 7. まとめ 

頭皮のコリをそのまま放置していると、顔のたるみやフェイスラインのもたつきにつながるだけでなく、薄毛や抜け毛、頭痛などを引き起こす可能性があります。頭皮マッサージを行って、頭皮のコリの解消を目指しましょう。

頭皮マッサージと併せて、毎日の洗髪に気を遣うことも大切です。シャンプー使用時の洗い方や頭皮ケア方法はこちらのページでご覧いただけます。ぜひ参考にしてください。

ファンケルの「頭皮ケア」正しい洗い方とマッサージ方法

執筆・監修遠藤 幸子 エイジング美容研究家/美容ライター

アットコスメ公認ビューティストに認定されたのを足掛かりに、活動をスタート。ウェブや雑誌などで美容コラムの執筆や監修を行う他、テレビやラジオ、雑誌、新聞、広告などに出演。いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、日々美容情報を発信中。

バックナンバー BACK NUMBER

バックナンバー一覧