届出表示

本品は大豆イソフラボンが含まれます。大豆イソフラボンには、骨成分の維持に役立つ機能があることが報告されています。本品は更年期以降も骨を丈夫に維持したい女性に適した食品です。

機能性表示食品 機能成分のデータあり

「健骨サポート」の科学的根拠などに関する情報を詳しく見る

商品の特長※写真・イラストはイメージです。

あなたは大丈夫?女性の50代は、骨の曲がり角。

ファンケルから、機能性表示食品
健骨(けんこつ)サポート」新発売!

これからも人生を前向きに楽しむために、50代から気を付けたい、骨の健康。
「健骨サポート」は、あなたの健やかな未来を支えたいという想いから生まれました。

丈夫な骨を保ちたい女性のために、開発しました。

女性の骨量が50歳前後から減っていく原因は、ホルモンバランスの変化。40代までと50代以降では、骨の健康に必要な成分も異なります。そこで、骨成分の維持に役立つ大豆イソフラボンを厳選。ずっと丈夫な骨を維持したい更年期以降の女性のための機能性表示食品「健骨サポート」を開発しました。

  • 機能性関与成分 大豆イソフラボン 25㎎(アグリコンとして)[届出表示]本品には大豆イソフラボンが含まれます。大豆イソフラボンは、骨成分の維持に役立つ機能があることが報告されています。本品は更年期以降も骨を丈夫に維持したい女性に適した食品です。
  • +
  • 厳選成分を複合配合 カルシウム400㎎/ビタミンD1.65μg/コラーゲン100㎎/ラクトビオン酸含有乳糖発酵物22㎎

大豆イソフラボンの骨成分維持データ

  • 【摂取期間】10週間
  • 【被験対象】45-59歳の閉経後女性 40名(各群20名)
  • 【試験方法】被験者を

    ①大豆イソフラボン群 37.3mg/日(アグリコンとして 23.3mg)

    ②成分を含まない群に分け、10週間摂取しました。骨吸収(骨破壊)マーカー(DPD等)、尿中イソフラボン量などを0,3,10週に測定しました。

  • 【試験方法】被験者を①大豆イソフラボン群 37.3mg/日(アグリコンとして 23.3mg)②成分を含まない群に分け、10週間摂取しました。骨吸収(骨破壊)マーカー(DPD等)、尿中イソフラボン量などを0,3,10週に測定しました。
  • 【 結果 】摂取10週において、大豆イソフラボン群は、成分を含まない群に対して、有意に低いDPD値を示し、大豆イソフラボン摂取により骨破壊が改善されることが確認されました。

●大豆イソフラボンの骨成分維持データ
(J.Am.Coll.Nutr.2002,21;6:560-3)より引用

※研究レビューの対象となった論文のうち、代表的なものの一つです。