ケールってどんな野菜なの?気になるその味や栄養の秘密から毎日の生活に取り入れるコツ

栄養豊富な注目の緑黄色野菜、ケールをご存じですか?海外セレブたちも美容と健康のために、サラダやスムージーで取り入れているスーパーフードの1つです。世界が注目するケールの栄養価の高さや、美味しく毎日の食事に取り入れるコツについてご紹介します。

目次

野菜の王様とも呼ばれるケール。その特徴についてご紹介します。

ケールの特徴

ケールは、キャベツやブロッコリーの原種で、独特の苦みがあります。サラダなどで生食されるほか、青汁の原料にも使用されることが多いスーパーフードとして知られています。

原産地は、地中海沿岸。温暖な気候での栽培が適していて、1年を通して栽培と収穫が可能です。日本でも、茨城県や島根県、愛媛県、福岡県、鹿児島県などで栽培されています。

ケールの種類

ケールには、次のようにさまざまな種類があります。

■カーリーケール

葉に切れ込みが入っており、細かくカールした形が特徴。ケールの中でも苦味が少ないため、サラダに使いやすい品種です。

■シベリアンケール

ケールの中でも小ぶりな品種で、葉が強くカールしていることが特徴。また、葉のシワが他のケールと比べて少なく、緑色をしています。

■コラードケール

葉も茎も高さもとても大きくなる品種です。葉肉が厚く、葉の付け根の近くに大きな切れ込みがあるのが特徴。また、葉にシワがほとんど入っていません。青汁などに加工されるケールのひとつです。

■ベビーケール

ベビーケールは、ケールの新芽のこと。苦味が少なく柔らかい触感のため、サラダなどで食べるのがおすすめです。

新鮮なケールを選ぶために、次の2つのポイントをチェックしましょう。

緑色が鮮やか

他の葉もの野菜と同じように、新鮮なケールは、鮮やかな緑色をしています。

表面に斑点がないものが新鮮なしるし

新鮮なケールは、表面に斑点がありません。できるだけ斑点がないケールを選ぶのがおすすめ!

野菜の王様と呼ばれるケールは、他の野菜と比べてバランスが良いことが特徴。そこで、ケールと青ピーマン、キャベツ、トマトで栄養価を比較してみると、その違いは一目瞭然。

栄養価が高いケールですが、カットすると苦味が出てしまいます。そのため、トマトやキャベツなどの代表的な野菜と比べると「どのように調理したら良いのかわからない……」と迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。栄養豊富なケールを上手に取り入れることができれば、食生活のバランスが格段に良くなります。

ケールの手軽な摂り方

ケールの手軽な摂り方としては、次の3つが挙げられます。

■サラダにする

ケールのほかに、レタスやキャベツなどさまざまな野菜と一緒にサラダにするのがおすすめ。ドレッシングをかけることでケールの苦みが抑えられ、より食べやすくなります。サラダには、葉が柔らかいベビーケールがおすすめです!

■ジュースにする

ケールのほかに、バナナやリンゴやオレンジ、豆乳などと一緒にミキサーにかけ、ジュースにして飲むのも良いでしょう。組合せ次第でケールの苦味を抑えられるのでより青汁習慣を続けやすくなります。

■青汁で摂る

ケールを効率良く摂取して毎日の野菜不足を補いたい方には、ケールの成分を凝縮した青汁を飲むのがおすすめです。

調理のポイント

ケールは、いかに苦味を抑えるかがポイントです。さっと下茹ですると苦味を抑えられます。ただし、茹ですぎると味が落ちたり色が悪くなったりすることも。お湯をたっぷり沸かした鍋に塩を少々入れ、ケールを1~2分だけ下茹でしましょう。

栄養満点なケールは毎日食べたいところですが、スーパーなどで見かける機会も少なく、さらに苦味もあるため現実的には難しいことも。そこで、ケールを毎日取り入れるポイントをご紹介。

ケールを食べる習慣をつけるコツ

ケールを毎日の生活の中に取り入れるために、次のポイントを押さえましょう。

■冷凍されたものを使う

ケールのおいしさや成分をそのまま冷凍させた製品を、冷凍庫に常備しておくと便利です。解凍して牛乳・豆乳・フルーツジュースなどの飲み物に混ぜたり、カレー・パスタソースなどの料理に混ぜたりと、いろいろなレシピを楽しんでみましょう。

ファンケルの「濃縮野菜 国産ケール100%」はこちら

■手軽に生活に取り入れやすい青汁を飲む

青汁なら、手軽にケールを取り入れられます。粉末タイプや冷凍タイプ、ココアなどの味をつけたタイプなど様々な種類の商品が販売されていますので、自分が気になるものから試してみましょう。また、果物ジュース、牛乳などで割れば、毎日手軽においしく続けることができます。

健康と美容のため、まずは青汁を毎日続けてみましょう!

青汁なら、健康や美容にうれしい栄養を手軽に補えます。粉末タイプのものなら、自宅だけではなく、職場や出張先でも手軽にケールの栄養をしっかり摂れるでしょう。青汁を毎日続けて、内側から健康になりたいですね!

ケールを使った青汁を飲み始めるなら、国産100%のケールを使用したファンケルの「ケール青汁」がおすすめ。土壌からこだわった「ミネラル農法」と、美味しさ・飲みやすさを追求した「独自の加工技術」によって、ケールの苦味やえぐみが抑えられています。

それでは、ファンケルのおすすめ「ケール青汁」のラインナップをみていきましょう。

1食分のケール青汁

1本あたり100円で1食分の緑黄色野菜不足(ケール生葉40g分)を補えるケール青汁です。「ケール青汁を飲んでみたいけど、苦味が気になる……」という方は、まずはこの商品を試してみましょう!飲みごたえ抜群なうえに、ケールの苦味やえぐみが抑えられているため、青汁を初めて飲む方にもおすすめです。毎日無理なく野菜の栄養を摂取できます。

1日分のケール青汁

「とにかく効率良く、コップ1杯で1日分の緑黄色野菜量を補いたい!」そんな方はこの商品がおすすめ。ケールの野菜力を凝縮したこの1袋を飲めば、日本人が不足しがちな1日分の緑黄色野菜量(ケール生葉120g分)を補えるのが、嬉しいポイント。のどごしがサラッとしているため、毎日続けやすいです。

1食分のケール青汁 大豆プラス

1食分の緑黄色野菜量(ケール生葉40g分)を補えるケール青汁に、有機大豆の食物繊維(2.5g)とオリゴ糖を加えた商品。野菜不足だけでなく、女性のバランスが気になる方におすすめ!大豆も入っていて、まろやかで飲みやすいので、こちらも初めて青汁を飲む方におすすめです。

濃縮野菜 国産ケール100%

ファンケル独自の「生濃縮製法」を採用し、搾りたてのケールの美味しさや成分を壊さないように急速冷凍して閉じ込めた商品。料理やお惣菜に混ぜる、飲み物で割って青汁として飲むなど、ケールの栄養を家族で取り入れたい方にもおすすめです。流水で約30秒で簡単に解凍可能。料理や常温の飲み物に凍ったまま入れてもOK。

野菜の王様と呼ばれるほど栄養豊富なケール。青汁やサラダ、ジュースなどで毎日取り入れたいところですね。毎日の食事のバランスを整えることが大前提ですが、忙しいとついついおろそかになってしまいがち。

ファンケルのケール青汁なら、とても飲みやすいので毎日続けやすくおすすめです。ケールの栄養価を手軽に取り入れて、理想の自分を目指しましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.