野菜から摂取できる栄養素とは?不足しがちな栄養素を効率よく摂るにはどんな方法がある?

健康と美容のために、毎日欠かさず食べておきたい野菜。今回は、野菜から摂取できる栄養素と、不足しがちな栄養を効率よくとる方法をご紹介します。

目次

野菜は栄養豊富といわれていますが、摂れる栄養は限られています。これは、肉や魚にも同じことが言えるのです。

たとえば、肉や魚にはタンパク質が豊富に含まれていますが、野菜はそれほどでもありません。タンパク質の代わりに、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

それでは、野菜に含まれる栄養素を詳しくみていきましょう。

  • ・ビタミン…ビタミンCやビタミンD、ビタミンKなど
  • ・ミネラル…カルシウムやカリウム、鉄、亜鉛など
  • ・食物繊維…不溶性食物繊維と水溶性食物繊維
  • ・アミノ酸…メチオニンやシスチン、ロイシン、アラニン、アスパラギン酸など
  • ・β-カロテン…体内でビタミンAに変わる栄養素

どれも身体に必要な栄養素のため、意識的に摂ることが大切です。

「健康と美容のために野菜をたくさん食べておきたい」と思っていても、具体的なメリットについては知らない方が多いのではないでしょうか。なぜ、野菜を食べることが大切なのか、詳しくみていきましょう。

さまざまな栄養を一度に摂れる

野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維など身体に大事な栄養が含まれています。さまざまな栄養を一度に摂れることは、野菜の大きなメリットの1つ。

また、焼く・煮る・揚げる・生で食べるなど、多様な食べ方があることも魅力的です。

野菜が嫌いな方でも、調理法を工夫すればおいしく摂れるでしょう。また、色鮮やかな野菜を取り入れることで、料理の見た目も美しくなります。

食物繊維が豊富

食物繊維が豊富な野菜は、よく噛んで食べることになるため満腹感を得やすいでしょう。つい食べすぎてしまう方は、食物繊維が豊富な野菜を意識的に食べることがおすすめ。

また、食事の最初に野菜を食べることで、糖質の吸収を抑えることも可能です。

ビタミン、ミネラルが豊富

野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。肉や魚ばかり食べていると、ビタミンやミネラルが不足しやすいため、野菜を意識的に取り入れることがポイント! ただし、熱によって壊れる栄養素もあるため、調理法を工夫することが大切です。

例えば、水によって流出しやすいビタミンCを含む野菜は、スープにして食べると丸ごと栄養を摂取できます。

野菜を食べるときには、どの栄養素を摂れるのか確認しましょう。その際は、不足しがちな栄養が含まれている野菜を食べるのがおすすめ。どのような栄養がどの野菜に含まれているのかみていきましょう。

それぞれの栄養を含む野菜一覧

  • ・ビタミン…ケール、ピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリー
  • ・ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄など)…パセリ、ほうれんそう、小松菜
  • ・食物繊維…ごぼう、にんにく、枝豆
  • ・アミノ酸…枝豆、アスパラガス、白菜
  • ・β-カロテン…にんじん、ほうれんそう、ブロッコリー、かぼちゃ

これらの野菜を1週間のローテーションでバランスよく取り入れるように、気をつけてみましょう。主食・主菜・副菜・汁物を揃えれば、さまざまな野菜を摂取できます。

特にケールは、ビタミンやミネラル、食物繊維、β-カロテンなどさまざまな栄養が含まれているため、積極的に取り入れるようにしましょう。

どれだけ野菜を食べることが大切といっても、すべての食事でしっかり野菜を食べるのは大変ですよね。また、栄養を補うことばかり意識すると、食事が楽しくなくなることも。そこでおすすめは、さまざまな栄養を摂れるケールを食生活に取り入れること。

それでは、さまざまな栄養を効率よく摂る方法を詳しくみていきましょう。

ケールの魅力とは

ケールは、その栄養価の高さから「野菜の王様」とも呼ばれている野菜です。ビタミンやミネラル、食物繊維などさまざまな栄養が含まれているため、野菜不足が気になる方におすすめ。しかし、ケールを普段の食事に取り入れるのはハードルが高いですよね。

そこでケールを効率よく、おいしく摂るには青汁がおすすめ! ケールの苦味が抑えられた青汁であれば、毎日手軽に野菜を摂れます。

ファンケルの青汁で手軽に野菜を摂れる

ファンケルでは、契約農家から直接仕入れた国産ケールを使用した青汁商品を揃えています。また、1日・1食分の緑黄色野菜量を摂れることが特徴です。また、栄養豊富なケールの野菜力を引き出すために、ミネラル農法を採用。

しかも、独自製法でケールの苦味が抑えられて、飲みやすくなっています。また、青汁の粉の粒子を細かくそろえることで、水に入れた途端にふわっと溶けるため、ダマになったり口に残ったりしません。

このように、味・飲みやすさ・溶けやすさのすべてに力を入れていることが特徴です。飲みやすいか心配な青汁初心者の方にもおすすめです。

それでは、ファンケルのおすすめラインナップをご紹介します。

1食分のケール青汁

1杯で1食分の緑黄色野菜量(ケール生葉40g分)を使用したケール青汁。ふだんから野菜は食べるようにはしているけれど、毎日の野菜不足分を補いたい方におすすめ。1杯あたり100円と始めやすいところもポイント!

1日分のケール青汁

1杯分に、1日分の緑黄色野菜量(ケール生葉120g分)がギュッと凝縮されています。緑黄色野菜の栄養をしっかり補いたい方におすすめ。野菜不足をしっかり補って、あなたの健康と美容を気づかう気持ちをサポートします。

1食分のケール青汁 大豆プラス

1杯で1食分の緑黄色野菜量(ケール生葉40g分)を補えます。さらに、有機大豆とオリゴ糖をプラス。バランスが崩れがちな女性の方におすすめ。のどごしがスッキリで、溶け残りのストレスも感じません。自宅や外出先、会社などでも手軽に飲めます。

野菜に含まれているビタミンやミネラル、食物繊維などは、健康と美容を気づかう方なら、意識的に摂取したいところ。ですが、すべての野菜を食事に取り入れることは難しいでしょう。そこで、野菜の王様とも呼ばれるケールを含む青汁で、野菜量を補うことが大切。身体の内側から支えることで、充実感のある日々を過ごしましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.