えんきん

FANCL 正直品質。

目のエイジングケアを、次はあなたが実感!大人のアイケア新習慣 NEWえんきん

※えんきん(届出番号:A7)は初めて公表された目の機能性表示食品です。こちらのえんきん(届出番号:E700)は届出表示を追加したものです。

アイケアシリーズサプリメント市場5年連続No.1、ご愛用者様138万人突破、累計販売個数2000万個突破、ファンケル定期便登録者No.1

早めの「えんきん」で快適に!気になる目のお悩みをしっかりカバー

手元のピント調整力を維持、ピント調整力維持によって目の疲労感を軽減、ぼやけを緩和し、はっきりと見る力(コントラスト感度)をサポート!

3成分の新処方

人気の「えんきん」が新しくなってさらにPOWER UP
手元のピンと調整力を維持 ぼやけを緩和
光の刺激から目を守る さらにファンケル独自の乳化製法により吸収力がアップ
1日1粒になって飲みやすくなりました!

早めのオトナ眼対策を、あなたは大丈夫?えんきんチェックテスト

正解

不正解

文字の見間違いあるある 文字が並んだ画像が5秒表示されます。
正しいと思う方を選んでください。

START

問{{ q.id }} {{ q.text }}

  • {{ q.choice1 }}
  • {{ q.choice2 }}
もう一度チャレンジする

約30cm離れてください。

どこでもできる!目のストレッチ

ものを見るとき、主に2つの筋肉「外眼筋」と「内眼筋」を使います。この筋肉がコリ固まると疲れ目の原因となるので、適度に動かしてあげることが大切です。

外眼筋をほぐす

外眼筋とは、眼球の外側にある筋肉。視線を上下・左右に大きく動かすことで、コリがほぐれます。まばたきは、涙を分泌させてうるおいを与える働きも担います。

  • 1.パチパチとまばたきをする
  • 2.上下・左右を見る
  • 3.目を寄せる
  • 4.目をくるっと回す

内眼筋をほぐす

内眼筋とは、目のピントを合わせる「毛様体筋」のこと。遠くを見て次に近くを見るなど、目の焦点をこまめに動かすことで、ピント機能の筋肉をほぐします。

  • 1.親指を立てて目の近くで爪を見る
  • 2.腕を伸ばして爪を見る

パソコン作業中は約10分に1〜2秒遠くを見ます

10分に1〜2秒視線をはずじ、遠くにピントを合わせると疲れません。天井を見るのがおすすめです。

商品について

今だけ!5月31日までの期間限定特別価格、30日分1950円、90日分5550円

【アレルゲン(28品目中)】該当なし
※妊娠・授乳中の方、お子様はお召し上がりにならないでください。

届出表示

本品にはアスタキサンチン・ルテイン・ゼアキサンチンが含まれます。アスタキサンチンは、手元のピント調節力を維持し、日常的なパソコンなどによる目の疲労感を軽減することが報告されています。また、ルテイン・ゼアキサンチンは黄斑部の色素を増加させ、光の刺激から目を保護し、ぼやけの緩和によってはっきりと見る力(コントラスト感度)をサポートすることが報告されています。

【機能性表示食品についてのご注意】

  • ※ 疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
  • ※ 特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別審査を受けたものではありません。
  • ※ 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
PAGE TOP