知らんと?尿酸サポート

尿酸サポート

高めの尿酸値を下げる

日本初※

臨床試験済

機能性表示食品

尿酸サポート

※尿酸値に関する機能で初めて受理された機能性表示食品


おいしい食事にはプリン体が多い…。あなたの尿酸値、上がっていませんか?

高めの尿酸値を下げるために、生活習慣改善&サプリメントを始めましょう!

尿酸サポート

日本初※ 機能性表示食品 ※尿酸値に関する機能で初めて受理された機能性表示食品

尿酸値が気になる方のために、独自の研究を続けてきたファンケルが、日本初の機能性表示食品の開発に成功しました。新しく機能を見出した成分アンペロプシンを配合し、さらにキトサンの複合配合で、多角的なアプローチを実現。確かな働きで、高めの尿酸値対策をサポートします。

ご購入はこちら

ファンケルはココが違う!

  • プリン体を吸収しない
  • 尿酸を作らない
  • 尿酸を外に出す

3つのプロセス全てに着目!尿酸サポート
2つの成分の特徴と働き

  • プリン体を吸収しない
    キトサン
    カニ、エビなどの甲殻類から得られる多糖類のひとつ。プリン体の吸収を抑制すると考えられる。
  • 尿酸を溜めない 尿酸を外に出す
    ファンケル独自開発 アンペロプシン
    中国で古くから愛飲される藤茶に多く含まれるフラボノイドのひとつ。尿酸の合成を抑制し、排出に役立つと考えられる。ファンケルが独自に機能を見出し、原料から開発を手がけた成分。
臨床試験済 臨床試験で確認。12週間の摂取で差がつく尿酸値!
血清尿酸値変化量 尿酸値が高めの方の尿酸値を下げる! 【対象者】血清尿酸値が6.0mg/dL以上7.0mg/dL以下の年齢20歳以上65歳未満の男性。尿酸サポート群(39名、46.4±10.3歳)、機能成分なし群(39名、47.1±9.8歳)※年齢は平均値±標準偏差 薬理と治療2018;46(1):43-54.
届出表示
本品にはアンペロプシン・キトサンが含まれるので、尿酸値が高め(尿酸値6.0〜7.0mg/dL)の方の尿酸値を下げる機能があります。

尿酸とは?

尿酸は、「プリン体」が体内で分解されてできる老廃物です。尿酸は体内で常につくられており、一時的に体内の尿酸プールに溜まり、尿や便となって排泄されます。1日に産出・排泄される尿酸はおよそ700mgですが、この尿酸の産出と排泄のバランスが崩れると、血液中の尿酸値が上昇します。

  • 正常な状態
  • 過剰摂取した場合
  • 正常な状態
  • 過剰摂取した場合

尿酸豆知識

  • 尿酸は体内で作られる?
    尿酸値が高くなる原因、プリン体。実は食品から摂取するのは3割程度。残り7割は体内で合成されています。
    だから、プリン体だけに着目した製品だけでは足りないのです。
  • 尿酸は体に必要?
    尿酸は「抗酸化成分」のため、体に必要な成分です。
    しかし多すぎると様々な病気の原因になります。
  • 和食に多いプリン体
    美味しい食品に多く含まれるプリン体。ヘルシーだとされている和食が高めです。食品中に含まれるプリン体含有量は下記のように分類されます。 300mg以上 きわめて多い 200~300mg 多い 50~100mg 少ない 50mg以下 極めて少ない
  • プリン体が多い食品
    • 白子(タラ)559.8mg/100g あんこう肝(酒蒸し)399.2mg/100g 太刀魚385.4mg/100g 鶏肉レバー312.2mg/100g マイワシ干物305.7mg/100g 高野豆腐293.1mg/100g
    • 過剰摂取に注意 ちりめんじゃこ1108.6mg/100g 焼き海苔591.7mg/100g 干し椎茸379.5mg/100g
  • プリン体が意外と少ない食品
    • イクラ3.7mg/100g 豚バラ肉75.8mg/100g うなぎ92.1mg/100g
    • 飲み過ぎに注意 地ビール16.0~58.3mg/350ml ビール11.6~34.2mg/350ml 紹興酒6.9~10.4mg/90ml

      一見、プリン体量が食品より少なく見えますが、ビールなどのアルコールは一度に沢山飲まれることが多いので、注意が必要です。また、アルコールはそれ自体の分解の際に尿酸を産出し、排泄を阻害する働きもあるため、飲み過ぎは禁物です。

ここがポイント! 一日の摂取量が400mgを超えないようにすることが大切!

出典:高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインより

こんな生活に注意!

ここがポイント! 日々の生活習慣を見直すことが大切!

まずは12週間!尿酸サポート

尿酸サポート
機能性表示食品についてのご注意
  • ※本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
  • ※疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
  • ※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

健康的な暮らしの維持を目指しましょう!

Web動画ギャラリー

×
×
×
×
×

尿酸サポートQ&A

クリックして答えをチェック!

ご購入はこちら

ファンケルの数値サポートシリーズ

PAGE TOP