青汁のはたらきは?おすすめの飲み方や飲むタイミングを解説!

青汁について、「健康によさそうだけど、具体的にどんなはたらきがあるのかわからない…」と思っている方は多いのではないでしょうか。青汁は、目的に合ったものを選び、飲むタイミングなどを知っておけば、より健康のお悩みにアプローチできます! ここでは、青汁を飲む目的やはたらき、飲み方などについてご紹介します。

目次

青汁は、どのような健康の悩みに対処できるのでしょうか。まずは青汁の種類や特徴、タイミング別のおすすめの飲み方についてご紹介します。

青汁の種類

「青汁」と書かれた商品でも、よく内容を確認してみると、主原料が違います。一般的には、大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉を使用したものが多いです。これらは素材によって、栄養価にそれぞれ特徴があります。形状も粉末タイプや冷凍タイプなど様々なタイプが販売されているので、自分のライフスタイルに合わせて青汁を選びましょう。

<関連記事>

「青汁にはどんな素材が使われるの? 健康や美容へのはたらきと、気になるその味とは!」

こんなお悩みを持つ方におすすめ

昔から健康飲料として幅広く親しまれている青汁は、さまざまな理由で飲まれています。下記のようなお悩みを持たれている方は、青汁を飲むことをおすすめします。

野菜不足を改善したい!

青汁には、野菜に含まれる食物繊維やビタミンなどが豊富に含まれているため、普段から野菜を十分に摂れていない方の栄養補給におすすめです。

「なんだかスッキリしない…」

毎日スッキリを感じないという方は、食物繊維不足が一因かもしれません。運動などと合わせて、青汁を摂り入れることをおすすめします。

エイジレスな自分でいたい…

年齢を感じさせないエイジレスな自分を保ちたい方におすすめです。原料となる緑色野菜には、抗酸化ビタミンといわれるビタミンA、C、Eや、ルテインなどの注目のファイトケミカルを豊富に含むものもあります。

青汁のはたらきをより発揮する方法

青汁のはたらきを十分に発揮させるためには、継続的に飲む習慣をつけたいところです。まずは「朝起きたらすぐ飲む」「昼食の前に飲む」など、自分で続けやすいと思うルールを作って、その習慣を守るようにしてみましょう。

また、どれだけ青汁を飲んでも、1日に必要な栄養のすべてを補えるわけではありません。青汁は特効薬などの類ではなく、あくまでも栄養を補うためのもの。栄養バランスのとれた食事をベースとして、青汁で栄養を補うことが大切です。

ファンケルの青汁はこんな方におすすめ!

青汁を飲むタイミングは、基本的にいつでも大丈夫です。ただ、飲むタイミングを決めておくと、習慣化しやすくなります。自分の身体の状態や目的に合わせて選びましょう。青汁を飲む頻度やタイミングについて、詳しくご紹介します。

青汁を飲む頻度

青汁は、栄養補助として毎日飲むことをおすすめします。継続的に毎日飲む習慣をつけることで、身体に変化を感じやすくなるでしょう。

青汁を飲むおすすめのタイミングと飲み方

青汁は基本的にいつ飲んでも大丈夫ですが、青汁を飲むのに適したタイミングがありますので、ライフスタイルや状況に応じて以下の中からタイミングを決めるのがおすすめです。どのようなタイプの青汁を選べばいいかも含めて、確認しましょう。

起床後

身体がもっとも栄養を吸収しやすい状態です。特に食事の支度に時間をかけにくい朝食と一緒に摂ることで、栄養バランスアップにもつながります。さまざまな栄養が豊富に含まれた青汁を選びましょう。また胃腸が活発に動いていないタイミングのため、常温や冷えすぎていない青汁をゆっくり飲みましょう。

食事の前後

食事の前に飲むことで、空腹感を抑えられるため、食べ過ぎを防げます。そんな時には食物繊維が豊富に含まれている青汁がおすすめ。食前は胃がまだ活発に動いておらず、食後は胃が食べ物の消化に追われているため、胃への負担を考慮してゆっくり飲むことが大切です。

就寝2~3時間前

睡眠中は汗をかきやすいため、寝る前の水分・栄養補給におすすめです。ビタミンやミネラルが豊富に含まれている青汁を選ぶといいでしょう。また、寝る前に飲食すると内臓に負担がかかるため、遅くとも寝る2~3時間前までに飲むようにします。身体を冷やすと睡眠の質が下がるため、冷たいものはひかえましょう。

運動後

運動後は、汗とともにミネラルが失われるため、ミネラルが豊富に含まれた青汁を選ぶことをおすすめします。

世の中にはさまざまな青汁があるため、どれを選べばいいかわからないという方は多いかもしれません。ファンケルは、20年以上前から青汁の原料となるケールの栄養価の高さに注目し、さまざまな研究を重ねてきました。改良を続け、栄養価が高いだけではなく、安心安全にこだわった青汁を開発しています。
国内の契約農家にて、土壌からこだわった独自のミネラル農法でケールを栽培し、土からミネラルを吸収した栄養豊富なケールへと育て上げます。さらに、栄養面だけではなく、飲みやすさにもこだわりを持っていることも特徴です。

(※ファンケル調べ)

独自製法によって青汁の青臭さや粉っぽさ、苦味などを大きく軽減させ、おいしい青汁をお客様のもとへお送りしています。

それでは、ファンケルの美味しくて栄養豊富な青汁を3種類ご紹介します!

1食分のケール青汁

1杯で1食分の緑黄色野菜量(ケール生葉40g分)を補えます。「慌ただしい朝は野菜たっぷりの食事なんて準備できない!」など、朝・昼・晩のどこか1食分の緑黄色野菜を補いたい場合にピッタリです。また、1本あたり100円とお手頃で、続けやすいところもポイントです。

1日分のケール青汁

1杯分に、1日分の緑黄色野菜量(ケール生葉120g分)がギュツと凝縮されています。緑黄色野菜の栄養をしっかり補いたい方におすすめです。
また、野菜感を追求しているため、飲みごたえがある点もおすすめです。

1食分のケール青汁 大豆プラス

1杯で1食分の緑黄色野菜量(ケール生葉40g分)を補えます。さらに、有機大豆とオリゴ糖をプラス。女性にうれしい食物繊維とオリゴ糖が摂れ、すっきりまろやかな口当たりで、飲みやすいことが特長です。

青汁は、飲むタイミングや目的に合わせて自分に合ったものを選びましょう。継続的に飲むことで、身体を内側から健康にしてくれる青汁。ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.